SSブログ

タイガー&ドラゴン 宮藤官九郎に感謝 [タイガー&ドラゴン]

「泣かせてぇんじゃねぇ、笑わせてぇんだよ」

笑いました、でも泣かされました。
感情を揺さぶられてしまいました。

恐るべし 宮藤官九郎
毎週、感想を書いているうちに、
ドンドン文章が長くなっていって、
こんなに時間をかけて長文を書いているのは
ヘンだよなと自分にツッコミをいれたりしていました。
でも、細かいシーンでも書かずにはいられないの。
それが後の感動を大きくする伏線になっている場合が多いから。



1時間の尺なのにものすごい情報量が詰まっています。
説明的なセリフが多いからではなく、全く逆で、
セリフは多いけれど説明的ではないからです。

ひとつのセリフが浮かび上がらせる状況や感情が
多種多様で、広がりを持っているからだと思う
シンクロしなければワイワイガヤガヤした
騒々しいドラマだなと思うだけかもしれない。

でも共鳴してしまえば(私のように)感情を揺さぶられて
目が離せなくなってしまう。
親切ではないですよね。

最終回のオープニングで竜二が
「ドラゴン ドラゴン」「無言電話」と言っていました。
客席はシーンとしていましたが、
私も何がおもしろいのか、しばらく分からなかった。
「むゴンでんわ」のゴンを引っかけただけだったのね。
う~ん わかりづらい・・・

そんなカンジのコネタが散らばっているらしいのですが、
スルーしちゃているものが多いかも・・・

私はたくさんドラマを観ているわけではなく、
特に恋愛モノは観ないので限定されてしまいますが
今まで一番スゴイと思ったのは「王様のレストラン」でした。
脚本もキャスティングも素晴らしかった。
でも今は「タイガー&ドラゴン」が私のなかで№1になっています。

恐るべし 西田敏行
「タイガー&ドラゴン」ではなくて
「小虎と師匠」じゃないかと思うくらい凄かった。
女装したときの気持ち悪さもハンパではないし・・・
半泣きになりながらセリフを喋るときの
訴える力は胸に響きます。

最終回で組長を相手に小虎を迎えに行きたかったと
嘆くところのせつなさは泣けます。
そこで泣けるのもその前の段階での
細かい演技があるからで、本当にすごいです。

高座に上がって落語をやれば
落語のなかの女郎も女将さんも役人も生き生きしているし。
うまい役者さんがノリにノって演技してくれれば
ドラマに芯ができて周りも生きてきます。

何より長瀬くん
この真っ直ぐなカンジ、ヤクザらしい怖さ、
なんて魅力的なんだろう
演技しているのを観るのは
「池袋ウエストゲートパーク」以来なのでビックリしました。
虎児として生きているとしか思えないほどの
役者っぷりでしたね。ステキでした。大好き。

岡田准一くん
演技しているのを観たのは初めてですが、
影のあるセリフが良く似合いますね。
でもどん太兄さんと一緒にいるときの
弾けっぷりがとてもよかった!
真剣な眼差しの強さがとても魅力的でした。
タイガー&ドラゴンを観てしまってから
V6のメンバーの中にいる岡田くんを見ると、
なんか似合わない気がして・・・

塚本高史くん
「マンハッタンラブストーリー」のしのぶちゃんが大好きでした。
「品川心中」で虎児と別れるシーンの
銀次郎の表情がとてもよかった。
最終回の二代目組長になった銀次郎はすてきでした。
この人も目に力があるよね。
「坊ちゃん」と虎児に呼ばれていた頃の
チンピラぶりもカッコよかったけど。

一番笑ったのは「饅頭怖いの回」のどん太兄さんです。
抱かれたくない男№1になって落ち込んでいましたね。
(三年後にはジャンプが一位で
それはそれでくやしがっていたけれど)
あの結婚式での暴れっぷりはおかしかった。

どん吉さんが薬師丸ひろ子演じる克子さんと結ばれた
「明烏の回」も大好きな話です。
そば辰、小百合ちゃん、鶴子さん、
日向さん 組長などなどキャスティングも素晴らしかった。

来週からはタイガー&ドラゴンのみなさんに逢えないのね・・・
最終回の終わりかたを観て、
みんながどんなふうに暮らしていくのか想像すると
虎児も竜二もそして銀次郎も
納得のいく人生を送っていくだろうと思えます。
そんなふうに思えるラストにしてくれた宮藤官九郎に感謝です。




タグ:クドカン
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 1

miyuco

ユウさん、読んでいただいてありがとうございました♪
by miyuco (2007-06-23 08:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。