SSブログ

『クリスマスの約束 2006』 [music]

収録後の小田さんの笑顔が全てを物語っています。
すてきな番組でした。
『クリスマスの約束』を続けてきた意義がありましたね。

『グッドタイム・ミュージック』
この曲を聴いたのは何十年ぶりだろう。
斉藤哲夫の曲だということすら忘れていた。
歌い出しを聴いたとたんに鳥肌がたちました。大好きでした。
「素敵なコンサートに呼んでいただいてありがとうございました」
と斉藤哲夫に言われた小田さんの破顔一笑。
とびっきりの笑顔でした。

『I LOVE YOU』
聴いていて、泣けてしまった…
小田さんが唄うとやさしい曲になります。
(一カ所アレンジしてありましたね)
尾崎豊本人の唄うこの曲は、破滅の予感に怯えているような
もの悲しい曲にきこえるけれど。

二回目の『クリスマスの約束』で流れた練習風景で、
この曲を歌っている場面がありました。
この番組開始当初のコンセプトは
小田さんが選んだ曲をアーチストに来てもらって
一緒に演奏するというものだったけれど、
尾崎豊が来ることは絶対にないんだなと思うと、
なんだか悲しかった。

『I LOVE YOU』 を書いたのは尾崎豊18歳のとき。
『悩み多き者よ』斉藤哲夫が19歳のときの作品。

「僕は20歳だった。
その年齢が人生で最も美しい時期だとは誰にも言わせまい」
ポール・ニザン『アデン・アラビア』

 

1970年代にはとてもポピュラーだったこの言葉。
マンガやエッセイなどによく引用されていました。
若かりし彼らが作ったきらめくような音楽を聴いて、
こんな言葉を思い出してしまった。

若くしてスターダムを駆け上がり、
何かに翻弄されるように死んでしまった尾崎豊。
あんなに早く死ななくてもよかったのに。
生き延びて、小田さんと同じステージに立ってほしかった。
生きていたら、「音楽をやっていてよかった」と言ってくれたかな。

「いきものがかり」
あのステージ度胸はたいしたものです。
ずっと「いきものがたり」だと思っていて、
ある日、間違っていることに気がついた。
「いきものがかり?飼育当番ってことかな?」
と息子に言って、笑われた…

salyuちゃんと桜井さんの『to U』も好きだけど、
松たかこと小田さんの唄もすてきだった。

「スキマスイッチ」ってあーゆー人たちですから^^;
ミスチル桜井さんにも大ファンと言いながら
まったく臆さなかった愛すべき人たち。
スキマ常田くんの歌詞に「女々しい」とダメ出しする小田さんに
「小田さん、さんざんそういう曲唄ってきたじゃないですか~ 
僕はそれを聴いて育ってきたんですから」
なかなかの大物発言。よく言った!シンタくん。
小田さんは苦笑するしかないですね。
泉谷や拓郎みたいなやんちゃ坊主が大好きな小田さんだから
スキマとのコラボ、楽しそうでした。

KAT-TUN『僕らの街で』
カツンが唄っていても小田さんの声が
オーバーラップしてしまうくらいの小田節全開の曲。
作ったご本人が唄うとやっぱりしっくりします^^;

小田さんオリジナルの曲を聴きたい方には
物足りなかったかもしれない。
でも、小田さんの唄をただ聴いていたいわたしにとっては、
とても素晴らしいコンサートだった。
年末にすてきなプレゼントでした。
感動しました。ありがとう!

d0052997_14542443.gif
nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 7

おきざりスゥ。

>「小田さん、さんざんそういう曲唄ってきたじゃないですか~」
なかなかの大物発言。よく言った!シンタくん。

スゥ。もソコんとこでウチノヒトと笑っちゃいました[ニコニコ]
小田さんが、大橋くんとシンタくんに35年後も<全力少年>を歌っていて貰いたいと云っていましたが、同感です[ラブラブハート]
(ただ、その時はスゥ。の寿命の方がアヤシイけど[汗汗])
まァとりあえず来年だ[!]

miyucoサンもよいお年をお迎え下さい[ラブハート]
by おきざりスゥ。 (2006-12-30 21:03) 

miyuco

>スゥ。さん
爆笑ですよね^^
スキマスイッチは何を言っても憎めない連中です[ラブラブハート]

コメントありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします[ラブハート]
よいお年をお迎えください。
by miyuco (2006-12-31 16:34) 

miyuco

わたしの拙い文章にTBありがとうございました。
by miyuco (2007-01-13 18:46) 

かおり

お越しくださってありがとうございました!

ホントに、こういうイベントを
何年も連続でできる小田さん、
やはり実力者だからこそだなーなんて思いました。
カバーやセッションをたくさん聞く事ができて
小田さんのファンが羨ましいです~[ぴかぴか]
by かおり (2007-01-13 21:17) 

miyuco

かおりさん、TBありがとうございました。
実を言うと前2回の『クリスマスの約束』は、
失速気味だなと辛口な気持ちで見ていました。
続けていく意味があるのかななんて思ってた。
だからこそ、今回はとても感動しました。
斉藤哲夫さん、すてきでした!
by miyuco (2007-01-14 10:55) 

長七

僕も今回は感動しました。
偶然に2000年の小田さんのライフサイズを見ていたときに
このクリ約のきっかけとなった、やりとりをみました。
TBSのプロヂュサーはタダ単に、小田さんのさよならのイメージで
番組を作るだけ、しかし小田さんは、反対。
小田さんは頑固に、自分の意見とやり方を述べる。
「そして、誰もこない。」
そのイメージは、達郎のあの歌にあったのかもしれませんね、
丁重な達郎の返事、
斉藤哲夫さんとはオフコース時代のミニコンサートに呼んでいたし。
自分たちの期待する人であった、
by 長七 (2007-01-14 23:19) 

miyuco

>長七さん
わたしは桜井さんがゲストだった3回目までが好きでした。
初回のクリスマスの約束を見てからミスチル桜井さんが書いた返事の手紙が翌年もこの番組を続けるひとつの原動力になったようでしたね。
ここでの小田さんとの出会いがbank bandの活動内容に繋がったのではないかとわたしは思っています。
そんなふうに輪が広がっていく事こそ小田さんが「クリスマスの約束」という番組を作ろうとしていた当初望んでいたことでした。
今回の小田さんの満足そうな顔、とても嬉しかった。
コメントありがとうございました。
by miyuco (2007-01-15 20:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。