SSブログ

「Flavor Of Life 」 「Boulevard Of Broken Dreams 」 [洋楽]

さようならの後も解けぬ魔法
甘くほろにがい
Flavor Of Life

この部分の歌詞が強く残ります。
さようならの後も、ずっと、魔法は解けない。
何年、何十年過ぎてなお、芳醇な香りが胸に満ちるような、
そんな魔法。

宇多田ヒカル、離婚してしまいましたね。
この方の孤独の深さはどれほどのものなのか…
離婚についての以下のコメントを読むと、
ひとりでいることに慣れてしまっているようで、
痛ましいというかなんというか…

今月2日に映像作家の紀里谷和明氏(38)と離婚した
歌手の宇多田ヒカル(24)が15日発売の音楽誌「MUSICA」で
離婚の真相を初告白している。
超ロングインタビューの後半に、
雑誌発売の前に離婚の発表を予告した内容で、
離婚を決断した理由について
「まあいろいろあるけど(中略)『私はこれでいいんだ』って
思っちゃったのが原因かもしれないです」
と自己分析。
「紀里谷くんが今まで一番私を知ろうとした人なんですよ。
凄く考えてくれた人で」と明かし、
「(彼は)孤独みたいな私の像を救おうとしてくれた。
でも結局、私は救われようとしなかったのかな…。
私は自己解決しちゃった部分が大きいんですよ」と説明した。
 さらに母・藤圭子(55)について
「凄い距離が遠くて絶対に触れ合えない、みたいな人。
(母と)直接関わったって気分はまったくしないんですよ」
とファミリーの中で突出した存在だったことを告白。
父でプロデューサーの宇多田照實氏(58)についても
「この1年くらいで仲良くなれた」。
両親が6度も結婚と離婚を繰り返すなど
複雑な家庭環境で育った孤独や生い立ち、
真実の宇多田ヒカルを垣間見せるインタビューとなっている。

                                                             デイリースポーツより


「孤独をお互い抱えたまま、
相手に甘えるという事が最後までできなかった」
と紀里谷氏もHPに書いているそうです。

宇多田ヒカルが大好きだという曲。
Green Day 「Boulevard Of Broken Dreams 」
カバーしてましたね。
「孤独の道を行く」「ひとり歩く」
この歌詞が彼女の心に響くのかなと思う。

ワーナーのサイトで字幕付きPVが公開されています。(VIDEOからどうぞ)
http://wmg.jp/greenday/index02.html

宇多田ヒカルのカバーバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=wfdjZYDkpY4

「Boulevard Of Broken Dreams 」

I walk a lonely road
The only one that I have ever known
Don't know where it goes
But it's home to me and I walk alone

オレは孤独の道を行く
この道しか知らないんだ
これがどこまで続いているのかわからないけれど
これがオレの我が家
だからオレはひとり歩く

I walk this empty street
On the Boulevard of Broken Dreams
Where the city sleeps
and I'm the only one and I walk alone

空っぽなこの道を歩く
破れた夢のブールヴァード
街が眠りにつく場所

 I walk alone
I walk alone

I walk alone
I walk a...

My shadow's the only one that walks beside me
My shallow heart's the only thing that's beating
Sometimes I wish someone out there will find me
'Til then I walk alone

道連れは オレの影だけ
鼓動を刻むのは オレの弱った心だけ
時には誰かが見つけてくれないかと思うこともあるけど
でもその日が来るまで オレはひとり歩く

Ah-ah, Ah-ah, Ah-ah, Aaah-ah,
Ah-ah, Ah-ah, Ah-ah

I'm walking down the line
That divides me somewhere in my mind
On the border line
Of the edge and where I walk alone

オレが辿る線は
オレの心の分かれ道
エッジぎりぎりのボーダーライン
そこをオレはひとり歩いてる

Read between the lines
What's fucked up and everything's alright
Check my vital signs
To know I'm still alive and I walk alone

その境界線をわかってくれよ
どこまでがクソッタレで どこまでがOKなのか
オレの鼓動を聞いてくれ
ちゃんと生きてるか確かめて欲しいんだ

I walk alone
I walk alone

I walk alone
I walk a...

そしてオレはひとり歩く

My shadow's the only one that walks beside me
My shallow heart's the only thing that's beating
Sometimes I wish someone out there will find me
'Til then I walk alone

Ah-ah, Ah-ah, Ah-ah, Aaah-ah
Ah-ah, Ah-ah

I walk alone
I walk a...

I walk this empty street
On the Boulevard of Broken Dreams
Where the city sleeps
And I'm the only one and I walk a...

My shadow's the only one that walks beside me
My shallow heart's the only thing that's beating
Sometimes I wish someone out there will find me
'Til then I walk alone...

空っぽなこの道を歩く
破れた夢のブールヴァード
街が眠りにつく場所

道連れは オレの影だけ
鼓動を刻むのは オレの弱った心だけ
時には誰かが見つけてくれないかと思うこともあるけど
でもその日が来るまで オレはひとり歩く

                        対訳・中村明美


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 8

著名人の離婚なんて、日常茶飯事みたいな感じで、もう麻痺したところがあるのですが、ヒカルちゃんのそれはちょっと寂しかったですね。

ちょうど結婚された時、紀里谷さんがヒカルちゃんとの出会いを「生き別れた家族に再会したようだ」と仰っていたのがとても印象深くて素敵だなと思っていたのです。今回の離婚で天才ヒカルちゃんも人の子なのね、と感じる部分もありました。

親は生き方のモデルだといいます。親とはどうあっても縁がきれないので、それだけ存在も大きいですものね。私もなんだかんだいって親の影響というか、親に言われたことはとてつもなく大きくて、そこから得られた価値観ってなかなか替えられないです(;´Д`) 

今回ばかりは寂しかったな。あの歌はなぜかあまり私の心には響きません。。。
by (2007-03-16 19:00) 

miyuco

>松matsu先生
寂しい言葉ですよね。
でもこの孤独の深さを抱えているから、人の心をとらえる作品を作れるのかもしれないと思ったりします。幸か不幸か…
「救いたい」と思っているひとより、そのままでいいからと
寄り添ってくれるひとのほうが彼女には居心地がいいのではないかな。
…若いときにそういう相手に巡り会うのは難しいと思いますが[汗汗]

ああいう親御さんを持つと感性は鋭くなるでしょうけれど
精神的な安定は得られないでしょうね。
by miyuco (2007-03-17 18:59) 

流星☆彡

「Boulevard Of Broken Dreams 」 両Versionを 一気に聴くことが出来ま
した。この曲を知ることが出来て、感謝してます♪
私は、紀里谷氏の監督作品『CASSHERN』を 観ると同時に ヒッキーの
『誰かの願いが叶うころ』のCDも買い込み、非常に感じ入っていたことを
思い出しつつ、この記事を読みました。
映画・曲 どちらのテーマにも なっている理念…幸福のπ(パイ)は 一定
だから、誰かが幸せを獲得したら、その分 誰かが失った悲しみを 踏み台に
して その幸福は成り立っている…に、よくぞ夫婦そろって そんな同じ幸福の
価値観を持ち それを表明しているな!…と 思ったものです。
よく ある分野で 勝ち残って TOPに立った者に、「踏まれた(敗れ去って
いった者)の 痛み分、精進しろ!」と 諭す論理が ありますが、お互いに
ある業界のTOPに立つ者同士の恋愛=スター同士の結婚って、なかなか
継続しない実例を 打ち破ってほしかったし、やはり 続かないんだ…との
思いに襲われている今だったりします。
自分を捧げて 家族に尽くす役割を担っていた「オカン」(←最近 人気絶大
ですね。この呼称!)みたいな母親役を 引き受ける者が居ないと(誰だって
「主役」に なりたいですけど。できれば…)、こういった孤独も どんどん拡散
していくのか。
人って、見たことも 聞いたことも 実体験したことのない 理想の幸福像が
あっても、なかなか実現できない。自身の幼少期の体験って やはり 自分の
意志だけでは超えられない程 大きいものだと思います。被虐待児が よく
「自分が大人になったら、温かい家庭を作るんだ!」と 夢を語りつつ、
なかなか実現できずに 心ならずも(下方への)世代間連鎖を繰り返して
しまうのも、人間の哀しい性(さが)なのか。。。(↑これ 実感的に分かる
気がするし…。)自身の成育家庭に不満がある 自分は、こういった話題に
過敏な程 反応しやすくて。。。今回の この二人の天才Artistの別離には、
特に感じ入ってしまっている私です。
なんだか まとまらず、長々と書いてしまって、ゴメンナサイ。m(__)m
by 流星☆彡 (2007-03-20 14:38) 

miyuco

流星☆彡さん!肩の具合は少しよくなったのですか?
そんな時に長文コメントいただいて、恐縮です[汗汗]

宇多田ヒカルが安定した家庭を作るのはもっともっと先になるような気がします。乗り越えなければならない精神的ハードルはきっと大きいでしょうね。いい人に巡り会って欲しいな。

私も子供たちがスムーズに生活しているのを見ると、悩みが多くコミュニケーションに苦労していた自分の過去を思い出し、なんだか不思議な気がします。私は彼らにできるだけの事はやった、その結果なんだとちょっとだけ自分を褒めたりしてます←自己満足^^;
息子たちがうらやましくなる時もあります。
あっけらかんとして楽しそうなんだもの[目玉]

「Boulevard Of Broken Dreams 」大好きなんです[ラブハート]
気に入っていただけて嬉しいです。
nice!とコメントありがとうございました♪
(お体、大事にしてください。
この年まできたんだから、お互いのんびりいきましょうね[ラブラブハート])
by miyuco (2007-03-20 15:41) 

lachesis

初めまして!
ネットを徘徊中にたどり着きました。
「Boulevard Of Broken Dreams 」私も好きなんです。
その好きな歌を、宇多田ヒカルのカバーしてるのを聴けて、すごく嬉しいです!
ありがとうございました[ニコニコ]
by lachesis (2007-05-07 03:47) 

miyuco

misaさん、こんにちは。
宇多田ヒカルのカバーバージョン、とってもいいですよね[ラブラブハート]
もちろん原曲が素晴らしいからですけど。
nice!とコメントありがとうございました♪
by miyuco (2007-05-07 13:55) 

びっけ

こんにちは。
最近の洋楽には とんと疎くて、GREEN DAY も名前くらいしか知らなかったのですが・・・!
この曲、「Boulevard Of Broken Dreams 」は聴いたことがあります!
そうか、GREEN DAY の曲だったんですね。(^^;

ヒッキーのロングインタビューは未読ですが、そうかぁ・・・やっぱりあのお母さんの負の影響があったんだなぁ・・・と、miyuco さんの記事を読んで思いました。

あまり恐妻ぶりを発揮していると、息子の将来の家庭生活のイメージに悪影響を及ぼすかもしれないなぁ・・・と少し反省しました。
少しだけど・・・。(笑)
by びっけ (2008-12-14 14:21) 

miyuco

びっけさんのところにコメントしようと思ってたのに
先にコメントいただいてしまった【T__T】
痛恨のミスorz
「Flavor Of Life」は私もヘビーローテでした。
この曲のせつなさには宇多田ヒカルの性質が
ダイレクトに出ているような気がします。
離婚の時のコメントは本当に痛ましかった。
こんないい子なんだから母はもうちょっと何とかしなさいよと
思ってしまいます(=`´=)
ふふふっ、びっけさんのところはご夫婦が仲よさげなので
悪影響は最小限にとどまると思います!
nice!とコメントありがとうございます。
by miyuco (2008-12-14 20:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。