SSブログ

『miss sarajevo』 [洋楽]

いまさらU2のパフォーマンスを見て感動するとは思わなかった。
ずいぶん前にどこかにしまいこんでしまったバンドだったのに。
…U2の大ファンでハンパな文章を読みたくないかたには
お目汚しになるかと思います。スイマセン。
もし気に入らなくてもその気持ち、よ~くわかります。
<And God I know I'm one >
昔、中途半端なレビューを読んで
思いっきり罵倒してたことがあるから。
(いまでもたまにPC画面に向かって罵倒してるし…)

『U218 Singles』付属のDVDをなんとなく見ていて、
『miss sarajevo』に釘付けになってしまった。
パヴァロッティのパートをボノが唄いあげているではないですか。
見事に。
鳥肌がたちました。
(日本公演でも素晴らしかったようですね)
いつものサングラスを外している。
皺が刻まれた顔。年齢よりも年上に見える。(私とは同年齢)
でも、いい顔です。
絶望をたくさん知っているから希望を唄うのかな。
2005年、ミラノでのライブ。
「ロンドン爆破テロ」の犠牲者に捧ぐと言い
途中、涙ぐんでいるようでもあります。

「この曲を、先週のロンドン爆破テロで
命を失った人たちに捧げます。
僕は、僕たちの曲を祈りに変えたい。
その祈りとは、僕たちも彼らも、モンスターを倒すために
(自らが)決してモンスターにならない、ということだ。」

「U2」というか、フロントマンのボノはなぜ崩れないんだろう。
若い頃から政治的発言が多く、風当たりが強かっただろうに。
揺らがない。
根っこの所になにか強いものがあるのかな。
政治的なやりとりから宿命的に逃れられない
アイルランド出身という出自ゆえでしょうか。

『ミスサラエボ』を初めて聴いたのは
『Diana Princess of Wales Tribute』
ダイアナ元英皇太子妃追悼アルバムに
「Passengers」名義で収められていたものです。
ボスニア内戦の犠牲者を支援する団体“ウォー・チャイルド”を
援助することを目的のひとつとして作られた曲だそうです。

「ユーゴスラビア」はモザイク国家だと高校で習った。
その昔、まだベルリンの壁が存在していた頃です。
多種多様な民族で構成されている国。
「7つの国境、6つの共和国、5つの民族
4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家」
民族主義に陥らない理想的な国家だと教師が熱く語ってた。
ところが、一つにまとめ上げたカリスマ、チトー大統領が死去し
時を同じくするように東欧諸国から共産主義政権が一掃されると
あっという間に解体してしまった。内戦という痛みをともなって。
ボスニア紛争はとくに長引いた酷い戦いだった。
オリンピックが開催された美しい街、サラエボも
おびただしい銃弾で破壊されました。
悲惨な報道が続いたのを覚えている。
民族主義をとなえる争いの影には
それを利用する権力者たちが必ず存在する。
ルワンダでの虐殺も記憶に残っています。

 「live from Milan」

「Miss Sarajevo 」passengers/Pavarotti


 この曲の歌詞は大好きですが、特にパヴァロッティのパートが好きです。

<Miss Sarajevo >
Is there a time for keeping your distance
A time to turn your eyes away
Is there a time for keeping your head down
For getting on with your day

Is there a time for kohl and lipstick
A time for curling hair
Is there a time for high street shopping
To find the right dress to wear

距離を保つ時間があるかい
目を他の何かに向ける時間が
うつむいている時間があるかい
日々の仕事に専念するための

コールや口紅を塗る時間はあるかい
髪を切る時間は
目抜き通りで買い物を楽しむ時間はあるかい
お似合いのドレスを買うための
(コール:アラビア人の夫人が目の周りの化粧などに用いる粉末)

Here she comes
Heads turn around
Here she comes
To take her crown

さあ、彼女がやってくる
皆を振り向かせて
さあ、彼女がやってくる
王冠を取って

Is there a time to run for cover
A time for kiss and tell
Is there a time for different colours
Different names you find it hard to spell

Is there a time for first communion
A time for East Seventeen
Is there a time to turn to Mecca
Is there time to be a beauty queen

避難する時間はあるのかい
接吻し、彼と話す時間は
違う肌の色や、違う名前の
難しい綴り方に気を配る時間は

最初の祈りを捧げる時間は
東17モスク行く時間は
メッカの方を向く時間はあるのかい
女っぷりを磨く時間は

Here she comes
Beauty plays the crown
Here she comes
Surreal in her crown

Dici che il fiume
Trova la via al mare
E come il fiume
Giungerai a me
Oltre i confini
E le terre assetate
Dici che come fiume
Come fiume...
L'amore giungerà
L'amore...
E non so più pregare
E nell'amore non so più sperare
E quell'amore non so più aspettare

[English translation]
You say that the river
finds the way to the sea
and like the river
you will come to me
beyond the borders
and the dry lands
You say that like a river
like a river...
the love will come
the love...
And i don't know how to pray anymore
and in love i don't know how to hope anymore
and for that love i don't know how to wait anymore

川は海への道を見いだし
川のように僕に至るって、君はそういう
国境と渇いた大地を越え
川のように、川のように
愛が、愛が届くって、君はいう
でも僕にはもう祈るすべがない
もう愛に希望を抱いたりできない
僕にはもう、その愛を待つことができない

Is there a time for tying ribbons
A time for Christmas trees
Is there a time for laying tables
And the night is set to freeze

リボンを結ぶ時間はあるのかい
クリスマス・ツリーを飾る時間は
食卓を整える時間はあるのかい
凍てつく夜を前にして

O lijepa,                 ああ、喜ばしき
o draga,          ああ、貴き
o sladka svoboda.  ああ、いとしき自由

Songwriters: B.Eno,  Bono,A.Clayton, L.Mullen Jr,The Edge,  
訳:小林誠一/岡本太郎 (歌詞カードより転載)


タグ:U2
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

s

でも母国のアイルランドに政治的圧力
かけて税金逃れしてますよね…
by s (2007-08-18 12:35) 

miyuco

そうですか。
それは知らなかったです。
by miyuco (2007-08-18 19:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

『バベル』DVD『パッチギ』 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。