SSブログ

映画 『20世紀少年』 [日本映画]

天国にいるマーク・ボランはおもしろがっているでしょうね。
事故死した1977年から30年以上もたっているのに
日本の映画館やTVで連日自分の曲が流れているのだから。
ロックは時空を超える。
原作のメッセージのひとつである音楽の力を讃えるという部分を
別の形で実感したような気がします。

原作の完コピを目指したということですが
それは成し遂げられていたようです。
見たことあるアングルが画面に再現される。
私は楽しめました。
楽しめちゃったから映画としての出来が
いいのか悪いのか判断することはできないです。

子ども時代の場面が終わって出てきた人物に
意表を突かれた。
ストーリーラインを語らせたかったの?

ケンヂが子どもの頃のことをほとんど覚えてなくて
そんなに忘れちゃうものかなと原作を読んでいるときに
釈然としない気持ちがあったけれど
映像で見ると不自然に感じなかった。
38歳なんて時期は生活を維持するために
日々をやり過ごすことで忙しくて
子どもの頃のことは遠い過去の出来事でしかないもの。
漫画だと設定年齢より若く感じてしまっていた^^;

キャスティングについては文句のつけようがないです。
唐沢寿明はこんな兄ちゃんが世界を救うのか?
という所を見せながら、徐々に追いつめられると
覚悟を決め、剛毅な顔になる。

オッチョの豊川悦司、かっこいいです。
唐沢寿明の隣に立ったツーショットが決まってます。
この二人がキャスティングされたからこそ
同格の雰囲気が出たのだと思う。
(私はトヨエツのファンでございます^^;)

オッチョがタイにいる理由
ピエール一文字(竹中直人)がなぜ刺殺されたか
その辺りはいずれ説明されるのかな?

以下、気をつけて書きますが原作未読の方は要注意。

 

*
*
*
*
*

「ともだち」は誰なのか。
注意深く映画を観ていると多分わかります。
同じ役者さんが演じているのだから。
体つき、髪型、「ともだち」の後ろ姿を見ると
誰と似通っているかわかりやすい。

エンドロールの後に第二章の予告が流れます。
春波夫は古田新太が演じるのですね。
三波豊和じゃなくてよかった^^;

「ジジババ」の研ナオコに度肝を抜かれた。
キーポイントとなる出来事に欠かせない
何気に重要人物ですよね。

「カレーライスの歌」は浦沢直樹の作詞作曲だそうです。
歌っているのはケンヂの唐沢寿明。

ユースケが演じるサダキヨが次回作で出てきます。
きっと観に行くと思う。

ウイルス感染して体中から血液が出て死に至るシーンは
気持ち悪かったです。目をそむけました(x_x;)

d0052997_14542443.gif

20seiki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連れいわく、ユキジは子役の子がかわいいだそうです。


タグ:浦沢直樹
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

おきざりスゥ。

原作途中までしか読んでいません~(^^;)
読了してから観に行くべき?(いま公開中の辺りまでは読んでる筈だけど“ともだち”が誰かは知らないの)
で途中までしか読んでない身ですが配役は見事だと思います。
春波夫=古田新太ってイイじゃん♪
by おきざりスゥ。 (2008-09-11 14:45) 

miyuco

途中まで読んでいるだけでも
未読でも楽しめる映画だと思います。
キャスティングを見るだけでもおもしろいですよ。
「春波夫」男気のあるかっこいい人だと
だんだんわかってきますから
古田新太の配役はとてもいいと思います。
ユー見にいっちゃいなよ~!
(ジャニーさん風に言ってみました^^;)
nice!とコメントありがとうございました♪

by miyuco (2008-09-11 19:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。