SSブログ

人生を語らず (クリスマスの約束2013) [TV]

あの人のための 自分などと言わず
あの人のために 去り行く事だ
    ---- 吉田拓郎作詞 人生を語らず

「人生を語らず」
何度も聞いているはずなのに
久しぶりに聞くと
今までにないほど歌詞がストレートに入ってくる。
グッと胸をつかまれ揺さぶられた感じ。

20代の吉田拓郎が書いた歌詞。
若かりしときの歌も違和感はなかったけど
60代の拓郎もやっぱりいいですね。

拓郎さん、お元気そうでよかった!

(・・・今更ながら「クリスマスの約束」の感想です)

拓郎と小田さんが同世代だということが
番組Pと同じように私にもピンとこない。
拓郎は70年代、小田さんは80年代という印象。
しかしまぎれもなく同じ時代を生きて
時代の寵児であり若きカリスマだった拓郎を
さまざまな思いで見てきたゆえの
今回の選曲だったように感じる。

「落陽」(1973)
「リンゴ」(1972)
「今日までそして明日から」(1971)
「人生を語らず」(1974)

「落陽」と「リンゴ」の作詞は岡本おさみ
「今日までそして明日から」「人生を語らず」
二曲の作詞は吉田拓郎

「リンゴ」というタイトルだけではわからなかったけれど
「ひとつのリンゴを 君がふたつに切る」
という出だしで思いだした。
ぷつんと切れるような終わり方をよく覚えている。

岡本おさみの歌詞は大好きなのですが
(拓郎の曲では「祭りのあと」が一番好き)
やっぱりこういう場では拓郎の書いた歌詞を聞きたい。

空を飛ぶ事よりは 地をはうために
口を閉ざすんだ 臆病者として

「人生を語らず」素晴らしかったです。

「小田和正っていう人は、
遠い距離のところにいるような、
近くにいるような、そういう存在なんだよ僕の中では。
君を抱いていいの、とか歌ってるのを見てると、
遠い存在だなと、思えるんだけど、
話をすると、すごく体育会系、
みたいなところがあったりして。」

ライブの後のインタビュー
「小田和正に負けたくないですね こうなったらね。
そんな気がしましたね、今日。
こいつめっていうのがありました。」

小田さんはこういう言葉が何より嬉しいんじゃないかな。
拓郎と同じステージに立つ小田さんは
とてもいい顔をしていた。
誇らしげに、心から楽しんでいるような。

* * *

 「君を抱いていいの」
という歌詞を拓郎の声で聞いたことあったような。
「日本をすくえ」だか「ALL TOGETHER NOW」で
共演したときに。


↓ これを見ると勘違いだったみたい。
ワンフレーズ歌ってるけれど違う場所だった。
ラジオ音源しかなかったのに
こんな映像が残っていたとは・・・
見つけたときはびっくりしました。
28年たって見ることができるとは。

キーボードの西平彰が懐かしい。
沢田研二のバックバンドEXOTICSが
解散したあとですね。


小室等と拓郎がパーソナリティーをつとめる
「拓郎・等のフォーエバーヤング」という
FMラジオ番組をよく聞いていて、
小田さんがゲストで出たときの拓郎とのやりとりが
大好きだった。
小田さんはあの冷静な口調で拓郎を問い質し
毒舌ともとれる物言いでありながら
敬愛の念があふれていて
小田さん、ほんっとに拓郎が好きだよね
なんて思いながら聞いていた。
拓郎はメンドクサイヤツがきたなと言いながらも
どこかおもしろがっているような感じだったと思う。

クリスマスの約束を見ていて思いだしました。

* * *

「365日」を聴けてうれしい。

ミスチル桜井さんいわく
「クリスマスの約束だから人生のどうのこうのっていう
おもっくるしいのではなくて、
澄んだ透明感のあるラブバラードが。
小田さんと一緒にやるには
これがいいんじゃないかなって思って」

・・・10年前思いっきり重苦しい「タガタメ」を
クリスマスの約束で歌いましたよね・・・

桜井さんも時代の寵児としてカリスマとして
もみくちゃにされた時期があったと思う。
拓郎と同じように。
そして乗り越えた。いや乗り越えてる途中かな。
10年前のとげとげしい雰囲気とはまるで違う。

一緒に曲をつくろうというコンセプトだったのに
勢いでひとりで作っちゃいました(・ω<)テヘッ
な感じで持ってきた桜井さんの作品を聞いて
「すごいなぁ・・・」と素直につぶやく小田さんが
新鮮でした。

1530384_690391417661028_1372888785_n.jpg

「奏」
素晴らしかった。
拓郎の存在感に圧倒された彼らの
高まる気持ちが伝わってきてとてもよかった。

「デイ・ドリーム・ビリーバー」
演奏しているあいだ画面の右上にずっとでていた
「訳詞・忌野清志郎」
ずっとずっと出ているこの文字を見ていたら
泣けてきた。
これにはきっと小田さんとスタッフの意思があるはず。
リスペクトの意味が。

清志郎と小田さんの共演も見たかったな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。