SSブログ
前の3件 | -

和田誠さんに教えてもらったこと [外国映画]

「映画や演劇には名台詞というものがある」

朝日新聞夕刊に連載中の
「三谷幸喜のありふれた生活」
2020年12月3日掲載分の文章

「お熱いのがお好き」のラストの台詞
「完全な人間はいない」は、
実際に映画を観る前から僕はこの本で知っていた。

同じ[exclamation]同じ[exclamation][exclamation]
と少し興奮気味な私は
同志を見つけたようでなんだかうれしい
(三谷さんと私は同じ1961年生まれなので
共通認識はわりと多いかもしれない)

「この本」とは
和田誠さん著『お楽しみはこれからだ』

「お熱いのがお好き」を観たら
和田さんが語りたくなる理由がよくわかりました。
なんてチャーミングな映画なんだろう。

若いころに和田誠さんの映画の知識に触れたことで
より深く豊かに映画を楽しむことができました。
「日曜洋画劇場」で過去の名作を観ていたのは
和田さんの本の後追いでもありました。

海外ミステリにハマった10代の頃。
物語の背景をイメージするときに
洋画を観ていたことが役に立ちました。
読書の手助けをしてくれました。

和田さんに教えてもらったことはたくさんある。
映画音楽についてのあれこれもその一つ。
(映画音楽の作曲者を気にする人なんているの?
と連れ合いが言ったときには心底驚いた)

この本を読んだから私は
「映画を好きな人」になりたいと思うようになり
1970年代末期の都内の名画巡りが始まったわけです。
片手には「ぴあ」

ビリー・ワイルダーとヒッチコックについて
繰り返し語っていらっしゃいます。

ヒッチコックの「汚名」
(1月にBSで放映されました)
「撮影当時のアメリカでは3秒以上のキスシーンが
禁止されていたので3秒以内のキスを繰り返すことで
2分以上のキスシーンを実現した」
これも和田さんの本で教えてもらったことです。

ジョン・フォード「荒野の決闘」

「あなたの名前が好きです。クレメンタイン」
I sure like that name… Clementine.

という台詞がラストに出てくる西部劇。
どんな映画だろうと本を読んでからずっと気になっていた。
のちに大好きな映画になりました。
詩情豊かな西部劇。
無骨な男を演じるヘンリー・フォンダが魅力的です。


和田さんが旅立たれてから
一年以上たってしまいました。
遅ればせながら感謝の気持ちを
述べさせていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。



和田誠さんが監督した「怪盗ルビイ」
大好きでした。
コケティッシュな小泉今日子は無敵です。


きぃ~らきぃ~らダイヤモンド
という主題歌も好き。


d0052997_14542443.gif



ドラマ 『姉ちゃんの恋人』 [TV]

『姉ちゃんの恋人』
主題歌が大好きです。
Mr.Children「Brand new planet」
この曲を得たドラマは幸せですね。
物語を豊かに彩ります。

「静かに葬ろうとした 憧れを開放したい
消えかけの可能星を見つけに行こう」

脚本家・岡田惠和の会話劇
たくさんの言葉を重ねながら
表現し難い感情を浮かびあがらせる。

脚本家が当て書きしたという
訳ありの吉岡真人(まなと)を
林遣都が演じてます。
繊細な演技が魅力的です。
大きな瞳がサッと陰ったり
輝いたり。

有村架純ちゃんもかわいい。
和久井映見・やついいちろう・光石研
「ひよっこ」ですね。

眞鍋昭大の音楽も大好きです。

いい人ばかりのドラマを成立させるためには
誰かが貧乏くじを引かなければならない。
真人が背負ったものは残酷すぎる。
背負わせた彼女だって無傷のはずがない
と思っていたら、
次週、彼女が登場するみたいです。
どうなることやら。

傷が何度もえぐられるのを見るのはイヤだな。



『#リモラブ』も観ています。
波留と松下洸平
檸檬さんの拗らせてるところがかわいい。
脚本・水橋文美江
こちらも朝ドラの延長みたいな布陣ですね。
告白シーンの二人の会話の流れがとてもよかった。

『MIU404』を手がけた得田真裕が作る
リモラブの音楽も大好きです。
主題歌は…
ちょっと違うと私は思う[猫]


d0052997_14542443.gif

筒美京平さん死去 [music]

筒美京平さんがお亡くなりになりました。

1970年代に10代を過ごしていた私は
歌番組から流れてくる曲のクレジット
「作曲・筒美京平」に圧倒されていた。

これみんな同じ人が作ってるの?

当時のアイドルたちは三か月ごとに
シングルをリリースしなければならないという
今では考えられない状況でした。

次から次へとデビューするアイドルたちの
次から次へとリリースする曲には
「作曲・筒美京平」

バリエーション豊かできらきらしている曲の数々。
本当に楽しませていただきました。
ありがとうございます。
ご冥福をお祈り申し上げます。

lbl レンガ.gif

NOKKOのコメント
「筒美京平さんの突然の訃報に愕然としています」とつづり
「つい2日程前に筒美さんの事を思い出していました。
『人魚』を作曲していただいた時、
ホテルのロビーで打ち合わせした際に
『もっとどんどん曲を頼んで欲しい、
プレッシャーの中で名曲は生まれるんだ。』
とおっしゃっていたことです」と回想した。

lbl レンガ.gif

REBECCA解散後のNOKKOが
筒美京平さんに曲をお願いしたいと
希望して実現した楽曲「人魚」
1994年頃のヒットチャートに
筒美京平の名前が載ってくることはなかった。
NOKKOのオファーは嬉しかったでしょうね。

NOKKOの声質音域の魅力を
最大限に引き出した美しい曲。
「人魚」大好きです
抒情的に歌い上げるNOKKOの歌唱が素晴らしい。


「綺麗ア・ラ・モード」(2008年10月リリース)
中川翔子も筒美京平さんの曲を熱望して
実現して嬉しかったと言っていました。
「作詞・松本隆 作曲・筒美京平」
シングルリリースはこの曲が最後だそうです。
かわいらしいアイドルソング。

岩崎宏美「ロマンス」
阿久悠の歌詞を含めて名曲だと思う。
「あなたお願いよ席を立たないで」
リフレインの「席を立ぁたいで~」
の切なさが大好きです。
(岩崎宏美のアドリブだったと後日インタビューで知りました。
筒美先生がそのTAKEを使ってくださったそうです)

曲先でこの歌詞をつける阿久悠の凄さ。
松本隆は詞先だったそうですね。
「晩年の筒美先生はいい詞が欲しいとおっしゃっていた」
と追悼番組で松尾潔が言ってました。

職業作曲家と職業作詞家が
プロの仕事をこなす時代は終わってしまいました。
そんな時代があったから
今の豊かな音楽シーンが出来上がったことを
私たちの世代は身をもって知っています。

今をときめく宮本浩次が
若い人が知らない歌謡曲を歌うことで
いろいろな人がその魅力を再発見してくれるのが嬉しいです。
「木綿のハンカチーフ」
耳に馴染んだ原曲を残しつつ
上手にアレンジした小林武史の
職人技は相変わらずすごいです。


なんてことを書いているとキリがないので
やめておきます。



lbl レンガ.gif


「また逢う日まで」「魅せられて」など
名曲を数多く生んだ作曲家筒美京平(つつみ・きょうへい)さんが
10月7日午後3時ごろ、
誤嚥(ごえん)性肺炎のため都内の自宅で死去した。
80歳。
総作曲数3000弱。
作曲シングル総売り上げは
歴代1位の7560・2万枚(オリコン調べ)に達し、
昭和歌謡曲黄金期を支えた名コンポーザーが逝った。


筒美さんはレコード会社勤務を経て、
66年に藤浩一(子門真人)の「黄色いレモン」で作曲家デビュー。
67年にヴィレッジ・シンガーズ「バラ色の雲」のヒットをきっかけに、
尾崎紀世彦さん「また逢う日まで」、
南沙織「17才」(ともに71年)などを次々と生み出し、
さらに作詞家松本隆氏(71)とのコンビで、
太田裕美「木綿のハンカチーフ」(75年)
近藤真彦「スニーカーぶる~す」(80年)など
ヒット曲を量産。
グループサウンズやアイドルから「サザエさん」などの
アニメソングまで幅広く手掛けた。
洋楽がベースの洗練されたメロディーは
1970、80年代のヒットチャートを席巻して時代を彩り、
作曲数は3000曲弱に及んだ。

日刊スポーツの記事より引用


lbl レンガ.gif

NOKKO「人魚」



過去記事「筒美京平」→ 



d0052997_14542443.gif

前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。