SSブログ

「鹿の王 水底の橋」 上橋菜穂子  [読書]

「鹿の王」に登場した天才医術師・ホッサル。
ホッサルとその恋人・ミラルは
清心教医術の成立ちを知ることで
自らの進むべき道を明確に見据える。

そして人の命を道具にする政治的かけひきに翻弄される。

魂を救うことと命を救うこと。
どちらもおろそかにするべきではない。


もつれた糸をほどいたミラルのように
人に寄り添い誠実であれたらと願うばかりです。


ダ・ヴィンチニュースの上橋菜穂子さんのインタビュー
https://ddnavi.com/interview/529265/a/

これを読むことで物語をより深く理解できました。




lbl レンガ.gif

オタワル医術に携わるホッサルとミラルは、
対立する清心教医術の発祥地・安房那を訪れる。
出血病の治療法を探す中、
それぞれの医術の在り方が異なることを実感したホッサル。
やがてオタワル医術次期後継者として
王位継承争いに巻き込まれていき――。

lbl レンガ.gif


宗教と結びついた医療・清心教医術
「私共が救いたいと願っておりますのは、
魂でござりまする」
「穢れた身で長らえるより、
清らかな生を心安らかに全うできるよう、
私共祭司医は微力を尽くしているのでござりまする」
 (鹿の王上巻での王幡領祭司医長・呂那の言葉)

「病とは穢れ。穢れた身で長らえるより、
清らかな生を心安らかに全うできるよう、
神の教えに従って行われる清心教医術。
それは“病は人の手が届くところにある”と考え、
どんな術を使っても、治そう、
命を助けようとするオタワル医術とは考えを異にする。」

考えを異にするふたつの医術。
宗教と政治が絡み
オタワル医術は対立する勢力によって
異端と切り捨てられる恐れが拭いきれない。
生き残りをかけ、策士リミエッルは
今回も暗躍するわけであります。

対立の根本的解決はまだ難しいかもしれないけれど
ホッサルやミラル真那など
次世代を担う者の視野が広がったことで
少し風穴が開いたかもしれない。

希望の持てる終わり方でした。
まだまだ続編があるような気がします。

「身分違いの恋」
こちらは解決しそうですね。
よかった!
ホッサルとミラルにまたお会いしたいです。




鹿の王 水底の橋

鹿の王 水底の橋

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/03/27
  • メディア: 単行本

タグ:上橋菜穂子

共通テーマ:

「本と鍵の季節」 米澤穂信 [読書]

宝探しの物語。

「その嘘の根底には
なにか真っ当なものがあると
信じている節がある」

米澤穂信の作品に登場する斜に構えている人物は、
こんな風な考えを
自然に身にまとっているような気がします。
私が米澤作品を好きな理由はそこだと思っています。

どこか北村薫作品と相通じるような


029 点線青.gif

 


私も松倉にはただの図書委員でいて欲しいです。

「僕は友を待っていた。」
友と言い切る堀川にグッときました。

詩門礼門からの導きはお見事。




本と鍵の季節

本と鍵の季節

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: 単行本

タグ:米澤穂信

共通テーマ:

読書感想 [読書]

昨日がなければ明日もない

昨日がなければ明日もない

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: 単行本
昨日がなければ明日もない 宮部みゆき
大家さんの竹中夫人がいい味だしてます。
短編3作とも、物語が終わった後の先行きを想像すると
暗澹たる気持ちになります。
生涯復讐の手を止めることはないでしょう。
周りを巻き込んで目的を果たしても
何らかのしっぺ返しはあると思う。
そして表題作のかわいそうな女性はきっと逃れられない。
宮部さんは被害者面する人を描くのがうまいですね。


きのう何食べた?(15) (モーニング KC)

きのう何食べた?(15) (モーニング KC)

  • 作者: よしなが ふみ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/03/22
  • メディア: コミック
きのう何食べた?(15) よしながふみ
フツーのおかずを淡白なコメントを言いながらも
ぱくぱく食べちゃうジルベールが相変わらずかわいい。
シロさんのご両親とのエピソードはリアルですね。
親のプライドとか思考とかが
ちょっとめんどくさい所などよくわかります。


沈黙のパレード

沈黙のパレード

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/10/11
  • メディア: 単行本
沈黙のパレード 東野圭吾
おもしろかった!
湯川先生の洞察力が「献身」に違う結末をもたらしました。
先生が友人のために人の中に入っていくなんて、
丸くなりましたね。

愛なき世界 (単行本)

愛なき世界 (単行本)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: 単行本
愛なき世界  三浦しをん
専門的な部分を読むのに難儀しました。
植物みたいに、脳も愛もない生き物になれれば、
一番面倒がなくて気楽なんだけど、と考える本村さん。
おおらかで優しい藤丸くん。
ふたりともまっすぐでとてもかわいいです。

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: 単行本
下町ロケット ヤタガラス 池井戸潤
島津の能力を認めなかった奥沢への
痛烈なしっぺ返しが心地よいです。
誠実に戦う者を公平な目で評価する人は必ずいるのですね。

さよならの手口 (文春文庫)

さよならの手口 (文春文庫)

  • 作者: 若竹 七海
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/11/07
  • メディア: 文庫
さよならの手口  若竹七海
不運な探偵はまたも満身創痍。
今回も胸くそ悪いです。
クールに対処できずに失態をしでかすが
それもまた葉村晶らしい振る舞いです。
長谷川探偵調査所が閉鎖されて残念。
でも白熊に期待。
うさぎの常夜灯まだ使ってるのね


共通テーマ:

『かがみの孤城』 辻村深月 [読書]

2018年本屋大賞受賞作。
傑作との誉れ高い作品ですが
わたしは少し疑っていた。
「大人向け」にシフトチェンジして直木賞を獲った作家さんが
もう一度10代を描けるのか。

読み終えて杞憂だとわかりました。
パワーはそのままに
より優しくなって戻ってきたように感じます。
傑作です。

初期の頃の作品が大好きでした。
心揺れる10代の「少し不思議な物語」を
もう辻村さんは書いてくれないだろうと思っていた。
読むことはできないと思っていました。
再会できてほんとうに嬉しいです。



「何人もの読者の方に、この本は
『冷たい校舎の時は止まる』のアンサーだと思いました
と言われました」
・・・著者インタビューより

「大人の描き方が変わった」
「大人と子ども、両方に対してフェアであろうと思いました」


作者の誠実さは物語からきちんと伝わってきました。


lbl レンガ.gif


どこにも行けず部屋に閉じこもっていた“こころ”の目の前で、
ある日突然、鏡が光り始めた。
輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、
似た境遇の7人が集められていた。
9時から17時まで。
時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、
7人は隠された鍵を探す―


lbl レンガ.gif


たとえば、夢見る時がある。
転入生がやってくる。
その子はなんでもできる、素敵な子。
クラスで一番、明るくて、優しくて、運動神経がよくて、
しかも、頭もよくて、みんなその子と友達になりたがる。

だけどその子は、たくさんいるクラスメートの中に
私がいることに気づいて、その顔にお日様みたいな眩しく、
優しい微笑みをふわーっと浮かべる。
私に近づき、「こころちゃん、ひさしぶり!」と挨拶をする。
周りの子がみんな息を呑む中、
「前から知ってるの。ね?」と私に目配せをする。
みんなの知らないところで、私たちは、もう、友達。
ーーー 中略 ---
だからもう、私は一人じゃない。

そんな奇跡が起きたらいいと、ずっと、願っている。

そんな奇跡が起きないことは、知っている。


冒頭の文章。
ここを読んだだけで胸がチクッとなる。
はるか昔10代だった頃の教室を思い出してしまう。
当時の私も願っていた。
そして奇跡が起きないこともこころと同じように知っていた。


しかし作者は奇跡を起こしてくれました。


rain-101 はっぱ.gif


中学一年生の“安西こころ”は
4月だけしか学校に行っていない。

「教室で流れている時間から、こころは振り落とされたのだ。」

たちすくみ身動き取れないこころの前に
不思議な城とそこに集められた中学生たちが現れる。


中学生になったばかりのこころはまだ狭い世界にいる。
新しい出会いがあるはずだった学校という場所から
いきなり暴力的に遮断されてしまった。
作者はこころに鏡を通り抜けた先にある
城という場所を用意する。
城でのやりとりは現実世界のこころを後押しします。

終盤の怒涛の展開から
奇跡が起こるラストまで読む手が止まらなかった。


おだやかなエピローグ。
心のどこかに痕跡はかならず残っているはず。


誠実に寄り添ってくれる大人
同い年なのに別の視点を持っているクラスメイト
こころは出会えて幸運です。


どうか立ちすくんでいる子どもたちが
何らかの出会いで救われますようにと
祈らずにはいられません。


* * *


すべてが終わった後の思いがけない彼の言葉。
最後に救われたのはあの女の子だったのでしょう。

「善処する」



以下、つらつらと自分語りのようなことを

あの頃の私が感じていたことを
こんなに的確な言葉で、
何十年もたってから受け取ることができるなんて・・・




続きを読む


タグ:辻村深月

共通テーマ:

『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』 宮部みゆき [読書]

江戸は神田の筋違御門先にある袋物屋の三島屋で、
“おちか”は風変わりな百物語を続ける。
シリーズ第一期完結編
「完結編」・・・ってどういうことだろうと読みはじめる。


「そうだ。聞き捨て、聞き捨てと言いながら、
おちかはこの三年間、
黒白の間で語られた話を受け止めることによって変わってきた。
いや、「変わらなければ聞き捨てにできなかった」というべきか。
だが富次郎は、客の語りを絵に描くことで、
一つの怪異をしまいにする。
おちかが、「大丈夫ですよ」なんて
偉そうなことを口に出して言えるようになったのも、
富次郎が話を絵にして封じてくれるからこそなのかもしれない。」
(あやかし草紙より)


第一話 開けずの間
塩断ちが元凶で行き逢い神を呼び込んでしまい、
家族が次々と不幸に見舞われる。


おそろしい話でした。
行き逢い神から逃げ切るのは至難の業。
黒白の間を訪れてよかったですね。
『塩断ち』という言葉に激しく反応し
妻を過剰に責めたのは
行き逢い神の力が影響したのでしょうか。
最後の一行までおそろしかったです。

第二話 だんまり姫
亡者を起こすという“もんも声”を持った女中が
大名家の葬られた過去に向き合う。

一番好きな話です。
おせいのお故郷訛りが心地よいです。
「もんも声の主は、その力が
世のため人のためになるから生まれてくる。」
「お役を果たすための命」

幼いおせいに心得を教えてくれる大刀自様。

この教えがなかったら生きていくのはもっと困難だったでしょう。
「大国のお殿様のお役に立つかもしらん」

小さな男子の姿をした「花兜城の城主」
抗うことを許されなかった男の子の悲しみは
『この世の春』を思い出します。

「一座と共に旅し、その土地の災いを
一身に集める形代となろう。」

幼き城主は解き放たれ姫君の声は戻ってきた。
おせいは立派にお役目を果たしました。


第三話 面の家
屋敷の奥に封じられた面の
監視役として雇われた女中の告白


第四話 あやかし草紙
百両という破格で写本を請け負った男の
数奇な運命が語られる

語り手は瓢箪古堂の若旦那・勘一
勘一はすべてを語ってないのではとおちかは訝る。
納得できない。
勘一の穏やかな眼差しの奥には、
まだ隠されているものがあるような気がしてたまらない。
「でもわたし、気になるんです」

次の語り手はめでたく古稀も通り越したという婆様。
都合六度も嫁にいったという数奇なお話。
死ぬのがこわくないという婆様の
長閑な笑顔と、動じない物腰。
「___ わたし、同じような人を知ってる。」
「それこそこの婆様とそっくりの、
つかみどころのない飄々とした人を知っている。」


勘一の話は終わっていない。
しかしそれを聞き出すにはよっぽどの覚悟が必要になる。
さて、おちかはどうするのか。


第五話 金目の猫
三島屋の長男・伊一郎が幼い頃に遭遇した不思議な話
そしてシリーズ第一期を完結させるに
ふさわしい出来事で終わります。




以下、未読のかたはご注意を

続きを読む


タグ:宮部みゆき

共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。