SSブログ

ブライトの憂鬱 竹宮惠子 [コミック]

「私を月まで連れてって!」の続編という事で手に取った人が多いでしょうね。私もそのひとりです。

宇宙飛行士のダン・マイルド、超能力を持つニナ(妻となってニナ・マイルド)のふたりも出てきます。ダンのハウスキーパーのおヤエさんとシェラトン財閥の ハリアンの双子の子供がブライトとナナエ。
メンドくさい性格のブライトが主人公です。彼は大財閥の跡取りという立場でいながら、人の心を読む超能力者ゆえ、まわりの人間の醜い思惑が読めてしまう不幸な少年です。

ブライトは妹のナナエを守るために一生懸命なのですが、実はナナエは自分をよく知っている聡明な女の子で、彼の助けを必要としてはいないという事がわかってきます。 ナナエの結婚相手が決まると、彼女を守る役目が終わってしまい、立ちすくむブライトの憂鬱が深まります。ブライトはどんなふうに変わることができるのでしょうかというお話です。

竹宮惠子で一番すきな作品は「私を月まで連れてって!」です。
少女コミックでいろいろな作品を読みました。読んでいるときは、おもしろくてよく出来た作品だと思うことが多いのに、好きな作品を挙げることは難しい。
まず第一に絵柄を美しいとは思えなかったこと。コマ割りも上手だし、とても分かり易く書かれていたのに。わかりやすすぎたのかな。

大島弓子、萩尾望都は、人物のアップひとつで効果的に心情を語らせることができる。そういうコマ割りをしていたと思う。ただし、感覚的に同調できないと、とても分かりにくい。
竹宮さんは、セリフでの説明が多い。私はそれが饒舌すぎると感じたのです。
「私を月まで連れてって!」はキャラクター自体が饒舌なタイプなので、ガヤガヤした感じがとてもおもしろくて、題材がSFである事も竹宮さんの知識の豊富さが窺えて楽しかった作品です。

ストーリー運びやサブキャラクターの使い方など、とても上手だとは思うのですが・・・

d0052997_14542443.gif

 

   ブライトの憂鬱

  • 作者: 竹宮 惠子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2002/04/26
  • メディア: コミック

 


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(2) 

nice! 3

コメント 6

miyuco さん、はじめまして
僕も、「私を月まで連れてって!」が大好きです。以前「私を月~」の記事を書きました。一部で、「ブライトの憂鬱」にも触れているので、TBさせていただきます。よろしくお願いします。大島弓子の作品だと「綿の国星」、萩尾望都だと「ポーの一族」が好きです。
by (2005-08-07 00:10) 

miyuco

lapisさん、こんにちは。コメント&nice!ありがとうございます。
「私を月まで連れてって!」は、主役ふたりよりおヤエさん&ハリアンやアーチーなどのサブキャラがとても魅力的ですよね。萩尾さんのSF作品もそうですけれど、この視覚的なイメージが、SF小説を読むときの手助けになってくれました。いい時期に少女マンガを読んでいたなと本当に思います♪
このブログのタイトル「MILK CROWN」は「綿の国星」の「ミルクパン・ミルククラウン」から拝借したものなんですよ(=^0^=)v
by miyuco (2005-08-07 10:01) 

sknys

miyucoさん、こんばんは。
『私月連』の最後の方は、おヤエさん(温泉八重)と
ハリアン・シェトラン君がダン&ニナから主役の座を奪っていました。
ブライトという名前は、若くして亡くなった兄の名前ですね。

ダンとニナの年齢差は何度読み返しても謎です。

2073(過去)──ダン(18)ニナ(2)
2081(現在)──ダン(26)ニナ(10)
2087(未来)──ダン(32)ニナ(16)

でも、2人の年齢差は「17歳」とニナ自身が作中で言っている。
「何かが道をやってくる?」の中の回転木馬(タイムマシン)で、
ダンの歳を1歳若く修正しているのに!

こういう疑問こそ、お助けスゥ。さんに解決して欲しいのですが、
いつも肝腎な時にドロンパしちゃうのよね^^;
by sknys (2006-08-30 23:22) 

スゥ。

>sknysサン (…って他人様ンちで…(-ω-:) 
『Fly Me To The Moon』は歌も好きだしシリーズも大好き。
『奇想天外』誌で『夢見るマーズポート』を読んで以来miyucoサンと同じく竹宮作品ではマイベストです。
ですけれども…手元に本がないンですってば!!
生活圏内にB・Oもないし、あったとしても“スゥ。字”は苦手。
足し算ですら「2ケタはよせ」の則巻千兵衛博士レベルなので…
まァとりあえず単行本全巻宅配してくらはい(文庫本可)

ちなみに好きなキャラクターは御推察通り(?)おヤエさんです。


  
by スゥ。 (2006-08-31 09:19) 

miyuco

私も手元にないんです…
『ブライトの憂鬱2』でも、「17歳差のカップル」が
キーワードになってますのでこれは動かせないと思います。
で、考えられるのは、ダンが早生まれってことくらいかな。
例えば、ダンがみずがめ座とか魚座で、
ニナの誕生日が10月以降なら実際には16歳しか違わない期間が
発生すると思うのですが…どうなんでしょうね^^;
ちなみに、私は早生まれなので、いつも年をサバよんでいます☆
by miyuco (2006-08-31 15:47) 

sknys

そうそう、確か「奇想天外」が初出で、
「マンガ少年」に転載されたんだっけ?
2冊とも押入れの奥で眠っている‥‥手許にあるけれど出て来ない!
スゥ姐さん、やっぱし美青年(ハリアン君)を苛めて、
泣かせるのが好きなんじゃないですか!

ダンとニナの生年月日が分かれば一件落着なんですが。
「パラドックスの匣」──ニナ16歳の誕生日の服装は夏服(半袖)
‥‥6〜9月の間でしょうか。
ちなみに雑誌連載時の時代設定は2027年(現在)。
ダンを2001年生まれと仮定すると?‥‥。
by sknys (2006-08-31 22:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。