SSブログ
前の3件 | -

ドラマ 『スカーレット』 [TV]

「揺るぎない強さ」

スカーレットというドラマから
ずっと受け取っていたのは
「揺るぎない強さ」だったような気がします。

ジョージ富士川の本『TODAY IS』
「今日が私の一日なら、私は・・・だろう。」
武志の願いをこの本が伝えてくれました。

武志に会いにきた真奈が忘れた傘を
喜美子が物干しざおにかけて乾かす。
雨が降り出し傘に水がたまりしぶきが上がる。
それを見て武志のなかでくすぶっていたイメージが
姿をあらわす。

適切な道具が配置され
無理なく物語の流れをつくっていく。

「今日が私の一日なら
私はいつもと変わらない一日を
過ごすだろう」

武志のささやかな望みがせつないです。

難病もののドラマは苦手です。
でも、スカーレットは最後まで見届けたい。
病気をあつかってはいるけれど
お涙頂戴のセンチメンタルな場面などありません。
粛々とすすむ物語。
それでも喜美子の武志の八郎の
葛藤も悲しみも喜びも希望も絶望も
見ている私たちに突き刺さってくる。

「できることは、泣かんことや」
喜美子の父・常治の残り少ない日々を前に
母・マツがこう言っていたのを思い出す。

残りの放送回数を見ると甘い展開は望めない。
このドラマの作風は甘さを許してくれないような気がする。
それでもどうか良い方向に進んでくれないかと
祈るような気持ちで見ています。



戸田恵梨香の繊細な演技から目が離せません。
ふとした瞬間に悲しさがこぼれてしまうのを見ると
演技でやっているとはとても思えない。

2018年のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』では
若年性アルツハイマーという病魔におそわれる
難しい役を魅力的に演じてました。
今回は病気に奪われそうな最愛の息子を
見守る母親を演じていて素晴らしい。

喜美子(戸田恵梨香)の連れ合いの八郎・松下洸平
息子・武志の伊藤健太郎
三人のシーンをもっともっと見ていたいです。

冬野ユミさんの静かな音楽も大好き。

武志の担当医・大崎先生
演じるのは稲垣吾郎

稲垣吾郎さんの演技を見て驚きました。
以前は台詞回しにクセがあって
ちょっと苦手でした。
(一応SMAPファンなのに)
久しぶりに見たスカーレットでは
不要な力みは一切なく
声も力強くききとりやすい。

患者にとって辛い告知をする難しい場面。
あの穏やかな声と表情に少し救われました。

いつの間にこんなに安定感のある役者さんに
なっていたのでしょう。
…わたしが知らなかっただけですけどね。

関西のおばちゃんになりきっている大島優子も
大好きです。





連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック

連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: 冬野ユミ
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2019/11/20
  • メディア: CD


共通テーマ:テレビ

『黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続』 宮部みゆき [読書]

三島屋変調百物語シリーズ六作目。

おちかはめでたく嫁にいきました。
ということで聞き手は
伊兵衛の次男・富次郎にバトンタッチ。

語り手の周旋を頼んでいるのは
灯庵という口入屋の老人。「蝦蟇仙人」

「あんたさんは面白がっとる」
「面白がってはいけませんか」
「他人の話を聞くことを軽く見とる」
「では、軽く見ないように用心しましょう」

蝦蟇仙人は不機嫌ですが
小旦那・富次郎は聞き手を引き継ぎます。
変わり百物語の評判はますます高まっている。
語り手は列を作って待っている。
おちかが聞き手ではなくなって寂しいけれど
話を聞いて胸を痛めることはもうないのだと思うと
よかったと安堵する気持ちになったりします。
若おかみのおちかは幸せそうですね。

怪異と不思議を語りにやってくる江戸の人々
「祟り」「呪い」「凶運がふりかかる」
駆け出しの聞き手・富次郎はうろたえ冷や汗をかく。
肝が据わっているとは言い難い動揺する姿が
なんだか新鮮です。

「ーーーまったく、おちかは大したものだった。」
「実にあの娘は立派だった。」
しかし、素手ではおちかにかなわぬ富次郎には、
絵を描くという技がある。

富次郎がんばれと応援したくなります。


029 点線青.gif


江戸で人気の袋物屋・三島屋の〈変わり百物語〉
「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」をルールに
黒白の間と名付けられた座敷を訪れた客が、
聞き手だけに胸にしまってきた怖い話や
不思議な話を語っていく連作短編集。

029 点線青.gif


「泣きぼくろ」
再会した友が語り始める一家離散の恐ろしい運命
「姑の墓」
村の女たちが<絶景の丘>に登ってはならない理由
「同行二人」
妻子を失った走り飛脚が道中めぐりあう怪異
「黒武御神火御殿」
異形の屋敷に迷い込んだ者たちを待つ運命

「泣きぼくろ」と「姑の墓」は震えあがりました。
恐ろしい話。

「同行二人」
のっぺらぼうの寛吉はカオナシみたいですね。
救い救われた話。

image1.jpeg

「黒武御神火御殿」
屋敷の主の悪しき魂の器。
怨念のつくりあげた幻の屋敷に
囚われた罪深き六人。
脱出までの過酷な試練に読むのが辛くなります。

忌まわしきクローズドサークルを生き延びたのは
リーダーシップをとる気高き武士の金右衛門と
気丈で聡明なお秋の力のおかげです

「どこの誰とも知らないあさっての人に、
勝手に裁かれちゃたまりません」

残り人数のカウントダウンに追い詰められて
疑心暗鬼からの悲惨な成り行きになっても
おかしくなかったのに。
踏みとどまりました。



博打ぐるいの甚三郎の言い訳。
自分勝手な理論を微に入り細に入り語らせる。
宮部さんは道を外した者の胸の内を描くのが
本当にうまいです。

「俺があいつと同じだから、
あいつは俺の前に現れるんです」
己を神だと思うほどに、愚かで傲慢だから。

お秋と甚三郎は最後までお互いを思いやる。
「聞き捨て」にしてもらって
さぞや肩の荷が下りたことでしょう。


image0.jpeg





黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2019/12/07
  • メディア: 単行本

タグ:宮部みゆき

共通テーマ:

ラストレター 岩井俊二 [日本映画]

ラスト、泣きました。
苦難に満ちた人生を精一杯生きたのだとわかります。
それでも生きていることを選べなかった。
彼女の胸の内が流れ込んできたような気がしました。

029 点線青.gif


裕里の姉の未咲が、亡くなった。

裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美から、
未咲宛ての同窓会の案内と、
未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。
未咲の死を知らせるために行った同窓会で、
学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。
そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎と再会することに。
勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。
裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。

029 点線青.gif


大きなわんこ、いい仕事してました。
物語を上手に動かしてた。

古い校舎での出会いは
過去と現実がリンクしたようで
夢みたいにきれいだった。



初恋の記憶、ノスタルジックな感傷で
妹の裕理は姉に成りすましているのだと
見ている私は思った。
しかし、それだけではないと徐々にわかってくる。

受け取る側の鏡史郎にとって、
その手紙は裕理が思っている以上の意味を持つ。

手紙のやりとりがそれぞれの胸の内をざわつかせる。
踏み出せなかった鏡史郎が動きだす。
そこにあるのは打ちのめされる現実と
思いがけない事実。


「おまえはなあ、あいつの人生に
何ら影響を与えてねえんだよ」
「一人称で書くなよ」

阿藤はこう言い放ちます。
そうだったのでしょうか。





以下の駄文は、未見の方にとっては
要らぬ情報になってしまうのでご注意を。

いまどき流行らない長文です。

続きを読む



共通テーマ:映画
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。