SSブログ

『きたきた捕物帖』宮部みゆき [読書]

宮部さんの新たなシリーズの幕開けです。
おもしろかった。

16歳男子が主人公なので
堅苦しい言葉遣いが少なく
現代風の言い回しも多く
読みやすいです。

「桜ほうさら」の物語と
地続きになっています。
富勘長屋の「笙さん」が住んでいた部屋に
北一は住むことになりました。

しょっぱなからフグ毒にあたって
あの世にいってしまった親分が
いい男で女たらしで弁が立つという
なんともかっこいい男だったそうで
折に触れ話の中にでてくる姿も魅力的です。
千吉親分の話、もっと読みたいです。

魅力的な親分の連れ合いが
いい女なのは当たり前。
盲目ながらも
それを逆手に取ったような勘の良さと
深い知性で北一を助けるおかみさん。
朱房の十手を手にできるのはおかみさんだけ。

「亡き千吉親分の名代である寡婦の松葉が、
親分の十手を掲げて聞き取った白状だ。」


北一は周りの人に恵まれていますね。

029 点線青.gif

まだ下っ端の見習い岡っ引きの北一(16歳)は、
亡くなった千吉親分の本業だった文庫売り
(本や小間物を入れる箱を売る商売)
で生計を立てている。
やがて自前の文庫をつくり、
売ることができる日を夢見て……。
北一が、相棒・喜多次と出逢い、
親分のおかみさんの協力を得て自立し、
事件や不思議な出来事を解き明かしていく、
優しさあふれる捕物帖。

029 点線青.gif

main.jpg


表紙の屋根に乗っている男性が
なかなか登場しなかったのですが
もうひとりの「きたさん」だったのですね。


喜多次の素性は謎めいています。
欅屋敷の主も訳ありな感じです。

続きが気になります。
楽しみが増えてうれしいです!

d0052997_14542443.gif


きたきた捕物帖

きたきた捕物帖

  • 作者: 宮部みゆき
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: 単行本

タグ:宮部みゆき