SSブログ

『時をかける少女』 [日本映画]

中学生・高校生はこの映画を観たほうが絶対いいと思う。
きっと、いつまでも心に残る。
時がたっても、ふとした瞬間に心のどこかからそっと蘇って
背中を押してくれる、そういう映画です。

十代の観客の受け取り方の熱さに、
十代を終えてから○十年という私は乗りきれない。
でも、その距離感が心地よいです。
彼らがこの映画から感じ取っているものを想像すると、
私までうれしい。
若い方たちが観ると、価値が倍増する、
そういう映画もあるんですね。

タイム・リープ【時間跳躍】
これをまさに生身の身体で「跳ぶ」という行為でやってのける。
主人公の真琴は走る走るそして跳ぶ。
ドタンバタンと転げ回りながらリープした世界にたどりつく。
優雅にラベンダーの香りに誘われる、
というシチュエーションからはほど遠い元気なヤツ。

人と人はつながっているということ、
未来は変えることができるということ
今この瞬間はかけがえのない一瞬であるということ。
セリフで直接的に語られているわけではないのに、
ストーリーからこぼれでてくる。
カラッとした空気と躍動的な画面から伝わってくる。
言葉より豊かに響く、肯定的なメッセージ。

息子の友人の感想を勝手に転載してしまおう
彼は同人誌の原稿書きに追われ、
キンコーズについて熱く語る高校三年生。
国語の成績、学年トップ。志望大学はMARCHのA大学。
いつ勉強してんのかは謎。
「映画観て、泣けた?」と聞いてみてと息子に言ったらメールして
その返信がこれでした。

「時かけはね~、自分基本的にむちゃくちゃ涙もろい筈なんだが
あまり泣かなかった…^^
けどラスト近くはじーんと来っぱなしだったぜ!
爽やかで良い意味でこじんまりとした良作だったよ~
自分が青春映画好きなのもあるけど見に行ってよかたと思た…!
主人公の女の子がかわいかったのと友達の男二人も(特に片方が)
設定的にいい感じで好みなキャラだった~!
アフレコに若手の俳優使っとるのでたまに気になるとこはあったものの
自然な空気感出てて全体的には功を奏してる感じかなぁ。
とにかく話が自分が「こう転べばいいのになァ…」って思った方向に転んだため
大変満足でございます。」

私なんかが書くよりもずっと的確で素直な感想です。
息子いわく、この友人と私のキャラの好みの傾向が
似ているそうなので、いい感じというのは千昭のことだと思う。
千昭の横顔が、吉田秋生の描く男の子のように見える。
「ラヴァーズ・キス」の藤井、時々アッシュにも見えて
ときめいてしまうのでした^^;

千昭は絵を見たいという目的を果たすことが出来なかった。
でも絵よりも素晴らしいものを手に入れた。
彼だけが三人で過ごすこの瞬間が
どんなに価値あるものか自覚している。
転校してきた千昭が真琴と功介と知り合い、
三人で遊んだこれまでの日々が
フラッシュバックで画面に現れるシーンに泣けました。
これが絶妙のタイミングで挿入されている。
(大きな七夕飾りを引きずってた!)
私は十代の若い人たちにとっては遠い未来である年齢に
なってしまっているので千昭の心情にシンクロします。
そのきらめきが眩しいから。
当たり前のようにそこにいる人たちは、
それが特別な瞬間だと自覚したりできないだろうから。

千昭が彼の世界でその絵を見ることができるように、
その望みが果たせる世界が未来にあるように、
そういう方向に進むように、真琴は目標を決める。
あらゆる時が分岐の一点になるのなら、
目標が有った方がいい。

号泣する真琴の顔がいいですね。
「未来で待ってる」までの流れが好き。

Time waits for no one
     ↑
   
( ゚Д゚)ハァ?

時は誰のことも待ってはくれない。(歳月人を待たず)

タイム・リープによる時間の流れの変化を確認するために
再び映画を観にいく人もいるでしょうね。
ほころびはあるし、整然としたプロットではありません。
考え込んでタイムパラドックスに陥るよりも、
素直に物語を感じ取ったほうが幸福だよ。

原田知世主演の『時をかける少女』公開時に見ています。
大林宣彦とは相性が悪くて、あまり好きではなかった。
ひたむきで真っ直ぐな原田知世は印象に残ってるけれど
あの甘やかさは…苦手^^;

「未来で待ってる」
これに似たセリフを「ハウルの動く城」でソフィーが言っていた。
「未来で待ってるから」
ハウルを降板した細田守の因縁話かい?


タグ:細田守
nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 14

かいろ

miyucoさん、こんにちは。
『時をかける少女』!!!わたしの‘夏の映画名作選’に新たに仲間入りした、大好きな作品です!(八月中に記事を書こうと思っていたのにタイミングを逃してしまって結局書けずじまい。ガーン)
真琴ちゃんと千昭くんのあの会話のところでは自分でも不思議なくらい号泣してしまって、でも映画館の中なので声を出すことはできず・・・えらい目に遭ったものでした。
それにしても千昭くんはかっこいいですよね。ほんとに吉田秋生さんの漫画に出てきそう~!わたしもかなりときめきました☆
by かいろ (2006-10-08 11:37) 

miyuco

ホシさん、読んでいただいてありがとうございます♪
by miyuco (2006-10-08 16:31) 

miyuco

>かいろさん
青春映画好き←( ゚Д゚)ハァ?
の私たち(勝手に仲間にしている^^;)にとってはド真ん中の作品ですよね。
上映館が増えたので観ることができました。観てよかった[!!]
千昭くん、自転車の後ろに真琴を乗せているシーンの横顔が素敵でした。
かいろさんもブログにお書きになってくださいませ[ラブラブハート]
もうじき『ピンポン』の記事が上がりますのでTBにお邪魔させてください。
コメントありがとうございました♪
by miyuco (2006-10-08 16:39) 

流星☆彡

『時を かける少女』と言ったら 原田知世ちゃん[ラブラブハート]な世代の母で あります
そっか~[!] 高1の娘にも 薦めてみませう。あっ!…私が言うと、かえって
観ないよ~に したりするから、口に出さずにおこう。。。…って 寂しい現実[!?]
by 流星☆彡 (2006-10-08 19:03) 

miyuco

>流星さん
高校生に何かを勧めるのは難しい[汗汗]我が家も同じ^^;
高3の長男の周りでは絶賛の声が多いそうです。
でも、本人はまだ観ていない…
パンフレット読んで観た気になっちゃったみたい。
nice!とコメントありがとうございました♪
by miyuco (2006-10-10 12:23) 

miyuco

deko先生、読んでいただいてありがとうございました♪
by miyuco (2006-10-12 08:51) 

スヌーピー

転載させて下さい♪
by スヌーピー (2007-06-02 23:09) 

粒夏~りゅぅヵ~

私も[ぴかぴか]時をかける少女[ぴかぴか]ファンです!!
映画は見ていませんが、TVでやっていたのを見て、DVDも買いました!
3人の場面のバック(千昭が転校してきたとき・笹を持っているときなど)が入ってるDVDはないのかな~と思い探して見てるのですが・・・今のところないです[しょぼ~ん]まぁ、元々ないのかもしれませんね^^;
エンディング(最後の20~30分)じゃ泣きっぱなしでした!!
『未来で待ってる』という千昭の言葉の『未来』とは何年後の事なのでしょうか・・・?と思いますが、千昭と真琴の再会を願いました!(DVDだヶど・・・
全部のキャラがとても好きです!真琴&千昭&功介の3人がいる場面が好きですが、最後の千昭が『未来で待ってる』と言った場面こそが1番大好きです!!同じファン(?)としてよろしくお願いしま~す♪
by 粒夏~りゅぅヵ~ (2007-07-25 12:03) 

粒夏~りゅぅヵ~

~~追加~~
私のプロフィールにも”時をかける少女”の画像が貼ってあります!
by 粒夏~りゅぅヵ~ (2007-07-25 12:06) 

miyuco

粒夏~りゅぅヵ~さん、こんにちは。
私も三人でいるシーンが大好きです。
何年かたってこの映画をもう一度観たときに
今とはすこし違うことをいろいろと感じとるかもしれないですね。
本当にいい映画です[ラブラブハート]
by miyuco (2007-07-25 14:39) 

びっけ

スーパー・ウルトラ・マックス 出遅れ感のあるコメントで恐縮です。(^^;
2009年になってから、この映画を観た私は、ある意味、タイムリープしている?と言えるのかもしれませんが(えっ!?)・・・うん、本当に観て良かった!と心の底から言える映画でした。
真琴のスーパー・ウルトラ・アクティブなところが、ちっとも うざったくなくて、むしろ爽やかで、気に入りました。
ニュアンスは違うと思うのだけれど、「柔肌の熱き血潮」なんてフレーズが思い浮かんじゃいましたわ。(^^;
なるほど、吉田秋生ですか! 同感です!
ついでに言っちゃうと、ちょっぴり藤原イメージで見ていたBUMPバカな私です。[__ふらふら]
すごく瑣末なことでは、女子の名前が真琴(まこと)、男子の名前が千昭(ちあき)というところが、音として聴くと、やや違和感・・・そんなところに自分の年代を感じました。[__もうやだ~]
by びっけ (2009-07-15 08:49) 

miyuco

>びっけさん
真琴はあまりにも無邪気で「おいおい」と思いながら見ていましたが素直でまっすぐなところがかわいかったです。
この頃、塾帰りの長男がなかなか帰ってこなくて、どうしたのかと心配していたら、駅で中学の同級生女子にばったり会い、延々と「時かけ」に感動した話を熱く語るので長時間立ち話になってしまった結果の深夜帰宅という出来事がありました。
公開当時、若者はとても強く共感していろいろな形で熱く語ってましたよ^^
藤原イメージ!たしかにそれもありですね。
みんな自分の好きなタイプに重ねて見てたのでは^^
男性の名前「千昭」はのだめの千秋さまもありましたね。そうか~私はあんまり深く考えなかったです^^;
いい映画でしたよね!
「サマーウォーズ」も気になります。
でもびっけさんのご主人のように「ボルト」も見たいです[ニコニコ]
nice!とコメントありがとうございました♪
by miyuco (2009-07-16 20:01) 

関口ちゃん

こんばんは 以前の記事に失礼します[__わーい]
もろ 知世ちゃん世代なので 最初 アニメかぁと
思ったものです。 チャージとか言ってて平成だぜぃと
思いました[__ぴかぴか]
3人の関係性が ちょっぴりせつなくも いいなと
思いました。あんな高校時代過ごしたかった[__るんるん]

by 関口ちゃん (2009-07-19 22:40) 

miyuco

>関口ちゃん、こんにちは^^
「チャージ」そういえばこんな言葉、
日常会話にフツーに登場したのは最近ですよね。
すでに使い慣れていて言われなければ
まったく気がつきませんでした^^;
「ずっとこんな時が続くといいのにな」
と思うような場面を画面で見ると明るい気持ちになるけれど続くことはありえないとわかっているので同時にせつない気持ちになりました。
いい映画でしたよね!
nice!とコメントありがとうございました♪



by miyuco (2009-07-21 19:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。